返済金額を計算する方法について

専業主婦の場合無職という扱いになるので、カードローンなどの申し込みは不利になると言われています。
しかし配偶者である夫に安定した収入と夫の同意があれば、返済能力があると認められるのでカードローンの利用が可能です。
ただし利用限度額に関してはあまり期待しないほうがいいでしょう。
あらかじめ専業主婦用の利用限度額は決まっていて、一般的には10万円~30万円のところが多いようですね。
カードローンの利用が可能になっても、借りたお金は返済していかなくてはいけません。
ここで気になるのが毎月の返済金額ですね。
ここは業者による違いもありますが、カードローンの場合は利用限度額に応じて毎月の返済金額が決も決まっています。
例えば10万円までの場合は、月々3,000円の返済となりますが、3,000円というのは元金+利息の合計金額なので最終月に端数分を支払い返済が完了となります。
利用残高が増えるほど月々の返済額+利息も増えていきますが、業者のホームページやペンフレットなどに返済例が紹介されているので、それで事前に返済金額を確認する事もできます。
また申し込み時に利用限度額がいくらで、月々の返済額がいくらになるというように事前に説明なり書類などもあるのでそれを見て毎月の返済金額を知ることもできます。
負担を少なくしたい場合は、借入残高を増やさないように、自分の利用状況もしっかりと把握しておくことが大切です。
もしも余裕がある場合は、繰り上げ返済をすればその分利息も安く済みます。

sck1104_harh02_02収入0円でも家族に内緒で利用できるカードローン会社はこちら