闇金融かどうか見分ける方法とは

日本には銀行カードローンや消費者金融、クレジットカード会社など多くの金融業者が存在します。
テレビCMで見たり名前も知られている大手の金融業者はほんの一握りで多くは中小規模です。
そしてその中にはヤミ金と呼ばれる違法業者も存在します。

闇金融に申し込みしてしまうと多大なトラブルに巻き込まれます。

闇金融は短期間で20%以上の法外に高い金利を請求します。利息すら払えない利用者はさらに借金を重ね負のスパイラルから抜け出せなくなります。
また闇金融業界に名簿が出回り勧誘の電話や知らない業者から勝手に口座にお金が振り込まれ高い金利を請求されたりします。
絶対に闇金融とは付き合いたくはありませんが、どのように見分けたら良いでしょうか。
まず闇金融は実態とは違い利用者にとって好都合過ぎる条件で勧誘します。
無審査・ブラックOK・高額融資・などです。
冷静に考えればあり得ない条件ですが、どこからも借入出来ない人などにとってはとても魅力的でつい連絡してしまうのでしょう。
審査もせず高額を誰にでも貸してくれるという金融業者はまともではなく何かあると疑わなければなりません。
次に貸金業登録をしていない業者も闇金融の可能性があります。
貸金業者は財務局長か都道府県知事の登録を受けなければなりません。
登録し営業を許可されれば貸金業登録番号を与えられ業者は事務所や広告にこの番号を表示しなければなりません。
最近では架空の番号を堂々と表示している闇金融もあるので金融庁のサイトで確認してください。
また貸金業登録番号を保有していても貸金業協会に未加入であれば、協会の定期監査などを受けず正当な業務を行っていない場合もあるので注意してください。
闇金融は良いことなど一つもありませんので絶対に利用しないようにしましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク